ジュメル(Jumel) まつ毛美容液 アイクリーム

まつ毛が傷む原因

密度が濃くて長いまつ毛は、憧れ。
理想のまつ毛を作るために、アイメイクには力を入れがち。
でも、そんな日常もまつ毛にダメージを与えてしまっているのかもしれません。

 

洗顔とクレンジングでまつ毛が傷む?!

メイクをきちんと落としたつもりでも、実は汚れが落としきれていない。
特にウォータープルーフのマスカラをしっかり塗った後などは、他のメイクはきちんと落ちているのに、マスカラの成分だけが残りがちという経験がある方も多いと思います。
そのため、ゴシゴシとこすって落とすことは、目元のくすみやシミになる色素沈着の原因に繋がってしまいます。

 

ウォータープルーフのマスカラは、ポイントメイクリムーバーなどを使うようにして、アイメイクをしっかり落とすのがおすすめです。
こすり過ぎは、まつげを傷める原因となってしまいますので注意が必要です。

 

また、日常生活でも目をこすりすぎることもまつ毛の傷みに繋がります。

 

ビューラーやホットビューラー

ビューラーでキュン!とカールした上向きまつげは、アイメイクには欠かすことのできないアイテムの一つ。
でも、大切なまつげを傷める原因になることが多くあります。
ビューラーのゴム部分がすり減ったビューラーを使い続けていると、まつげを挟んだ時に切れたり抜けたりしてしまう原因に。
そして、カールを保つ効果のあるホットビューラーは、まつげに熱のダメージが加わって傷みの原因になってしまうといわれています。

 

つけまつげ、まつげエクステ、まつげパーマ

つけまつげを剥がす際にまつ毛が抜けてしまうトラブルや、マツエクやまつ毛パーマも自マツに負担をかけてしまうことがあります。
マツエクは、接着剤とエクステが乗って自まつげに重みが掛かっている状態なので、本来の抜ける時期より早く抜けてしまったり途中で切れてしまいがちになります。
また、成長期にパーマをかけてしまうと通常よりまつげが伸びずに途中でまつ毛が抜けてしまうことがあります。

 

加齢によるもの

加齢によりまつ毛の毛母細胞の分裂に影響が出たり、まつ毛の周期が乱れてしまうと、まつ毛が抜けてしまったり、生える速度が遅かったりと、まつ毛の育毛に影響が出てきます。

 

乾燥

乾燥によりまつ毛は、栄養分や水分が奪われやすくなります。
細く弱ったまつ毛は途中で切れてしまったりなどのダメージを受けてしまいます。